回避できないこと。

今朝、羽衣セキセイの禽舎の餌替えをしてると餌入れの中に小さな卵が入ってた。

卵を拾い上げてみてビックリ!

tamago.jpg

小さなピヨちゃんが顔を覗かせて亡くなっていた。

くちばしには突起がついていて、一生懸命カラを突き破ろうとしていたんだけど、何らかの理由で息絶えてしまったんだろうなぁ。。。

鳥たちは、この瞬間が一番の難関らしい。

以前、うずらの繁殖をしていた時もこれくらいで亡くなる“死籠り”をたくさん見てきた。

親鳥というと、いらなくなった卵を全てだし、さっさと巣箱を綺麗にしていた。

たまぴよちゃんは土の中で静かに眠っている。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あともう少しだったのに残念でしたね。
生き物飼っていると絶対に避けれないことですね。
特に繁殖していると死と向き合う回数も増えますし…今いる子と出会えたのは本当に奇跡なんだなぁと改めて実感します。
雛ちゃん安らかに眠ってください。

えりさん

コメントありがとうございます。

ほんとうに孵化の喜びの反面、死と隣り合わせの鳥の世界です。
どうすることもできない自然淘汰という言葉で片付けてしまえば、それまでなんですが・・・。

また、たまぴよちゃんも生まれ変わってきてくれるでしょう。
パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
カテゴリ
プロフィール

ミキユキさん

Author:ミキユキさん
Gymno Sigi Birdの代表責任者。
大阪在住。たくさんの動物達とお気楽に暮らしてます。
↑免許証の真面目な顔。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター