イノブタ

私の住む信貴山には多数の野生化したイノブタがいる。
八尾市の山手の街には、いたるところに“イノブタ注意!”“オリを仕掛けています。近づかないで!”の看板が!

イノシシではなくイノブタ?

参考画像をお借りしました。
イノブタ

随分と昔に大阪府交野市の山麓でイノブタ牧場を経営していた方が倒産、それが野生化し生駒山、信貴山・・・と多方面に爆発的に増えているらしい。

イノシシは本来、年一回春に繁殖するだけなんだけど豚の遺伝子で年に数回繁殖できるようになったので爆発的に増えたのだ。

と、前置きはこれぐらいにして私たちの住む村で、あるイノブタの有名なお話がある。

山の中腹で農業を営んでるおじいさんがいる。
ある日、小さなウリ坊を保護してしまった。
とても可愛くて可愛くて大きめの犬用ケージに入れて飼うことにした。
ところがイノブタはどんどん大きくなり、犬用ケージがギュウギュウになるほど成長してしまった。
しかし、再び野に放す事も、行政に相談することもできず(殺処分されるため)、狭くなったケージで生活しているらしい。
それを見た人は皆、あまりにも悲惨な光景にどうにかできないか・・・と思っている。

私自身、その話の相談を持ちかけられて悩んでしまった。
どうすることも出来ないんだもんな・・・(>_<)

近いうち、そのイノブタを見てくるわ。
それから考えてみる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
カテゴリ
プロフィール

ミキユキさん

Author:ミキユキさん
Gymno Sigi Birdの代表責任者。
大阪在住。たくさんの動物達とお気楽に暮らしてます。
↑免許証の真面目な顔。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター