姫うずらの抱卵

ひめうずら2

姫うずらは、禽舎飼いのインコ達の食べこぼした餌、餌からわく虫喰いのために飼っている。
ひとつの禽舎に2羽で十分なので(インコの餌を本格的に食べたり、姫うずらの仲間割れが発生)残りの姫うずらは姫うずらケージで暮らしている。

画像の4羽はオス3羽メス1羽でうずら飼育としてはバランスが悪いけれど、メスを取り合いすることもなく円満なのだ。

休卵期間以外、ボコボコ産卵してサッカーボール状態だったけれども梅雨が過ぎメスが座り込みだした。
調子が悪いのか?と思っていたら巣材を集めている。
お腹の下に卵が6個あった。抱卵していたんだ。。。

しかし、オスが多いと抱卵を邪魔してうまくかえせないはず。
かれこれ10日目になるけれど、相変わらず抱卵しているので孵化するのかもしれない。
孵化したらオスがつついてしまわないか?とも思う。
別居させようか・・・検討中。

以前にも飼っていた姫うずらが自然孵化させたことが何度もあったけれど、決まって梅雨時期だった。
ニワトリと違って、気温、湿度の条件が整うと抱卵するんだな。

本当は、あまり増えてほしくないのだけど・・・(*´ω`*)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
カテゴリ
プロフィール

ミキユキさん

Author:ミキユキさん
Gymno Sigi Birdの代表責任者。
大阪在住。たくさんの動物達とお気楽に暮らしてます。
↑免許証の真面目な顔。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター