傷病野生鳥獣保護傷病ボランティア②

先日のブログの続き。

大阪府から依頼を受けたのはムクドリの雛2羽だった。

ムクドリ20140604

しかし、傷病野生鳥獣保護傷病ボランティアというものは、病気やけがをした野生の動物の面倒を見るためのボランティアなので、今回のように巣から落ちた元気な雛は想定していないことを原則としているが、拾った方の強い熱意で特別に受け入れたらしい。

大きくなったら野生に戻れるよう家の前の大きいケヤキが見えるベランダに鳥かごを置いた。
あまりさわらないように、給餌の時だけ近寄ることにした。
庭でミミズを掘り、虫を捕まえ、ドッグフードをふやかし与えた。
大きな口を開けて可愛かった。。。。

残念ながら水曜から預かっていたムクドリは土曜日、日曜日に続けて2羽亡くなった。
手を尽くしたけれど、野生の雛はわからないことが多く、さっきまで元気だったのに突然亡くなってしまった・・・。
大空に飛ばしてやりたかった.。

いつもは小鳥が亡くなると庭に埋めていたが、今回は近所の植木屋さんの焚き火(今は法律違反?)で火葬してもらった。自然に還れそうな気がして。

にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村

あなたのかわいいペットの健康を守ります!ペットのおくすりが豊富なペットくすり




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

残念です…野生の鳥はとても難しいですね( ´∀`)自然界はまだまだ分からないことだらけです。
2羽のヒナちゃん達、きっと大空に還って仲間達とまた一緒になっていますよ!

ミキユキさんほんとアクティブですね!
ムクドリは人に馴れやすいので、餌をあげるのもなかなか大変かと思います。

実は義姉が飛ぶ練習をしてる子を誘拐してしまって、そのまま飼ってるんです;
黙ったままは鳥獣法に引っ掛かるからとりあえず役所で許可を貰うとかしてほしいのですが、なかなか聞いてもらえず3年程経ってます´д`

きびちゃん

ほんとうにあっけなく逝ってしまったので・・・。
親鳥は何を与えて元気なヒナに育てるのか教えて欲しいです(>_<)
生まれ変わったら巣から落ちないように・・・。

えりさん

お姉さんの愛着度は、えりさんの動物好きを思えば納得!
3年経った・・・ということは、あのうるさいムクドリを室内で飼ってるんですか???それはそれで大したもんです!!!
パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
カテゴリ
プロフィール

ミキユキさん

Author:ミキユキさん
Gymno Sigi Birdの代表責任者。
大阪在住。たくさんの動物達とお気楽に暮らしてます。
↑免許証の真面目な顔。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター