恐怖のカエンタケ



奈良県と大阪府の県境に横たわる生駒山系でカエンタケが、わんさか生えてるらしい。

カエンタケは、ニクザキン科ニクザキン属のキノコの一種。細い指のように伸びた子実体は鮮赤色をしていて美しいが、猛毒を持つことで知られる。
致死量はわずか3グラムで、摂取すると短時間に腹痛や嘔吐を引き起こし、めまい、手足のしびれ、そして言語障害、呼吸困難に陥るという。
また、触れるだけでも皮膚が火傷したようにのびらん症状を示す。その強烈さから最強の毒キノコとも言われるのだ。

そんなキノコが家のすぐそばで生えているなんて、とても恐ろしいことだ!
また、毒々しい赤いカラーも食べたくはないけど触りたくなるんだよね。

カエンダケは立ち枯れたナラ類の根元に生える。
枯れた原因はキクイムシにやられているのだ。

くれぐれも近畿地方でなくとも山の中に入るときは、ご注意ください。

にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村


あなたのかわいいペットの健康を守ります!ペットのおくすりが豊富なペットくすり



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
カテゴリ
プロフィール

ミキユキさん

Author:ミキユキさん
Gymno Sigi Birdの代表責任者。
大阪在住。たくさんの動物達とお気楽に暮らしてます。
↑免許証の真面目な顔。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター