入院前のこと。

今日で入院してから1ヶ月が経ったな。

ちょっとしたきっかけで受けた検診から手術が決まるまで、いろんな事があった。
その時、私はとても悩みながらも《あと五年生きれたらいいかな。。。でも親と犬は見送るべきかな。》なんて悲壮感に暮れることもなくポジティブに考え、入院二日前まで働いていた。

そんな時、アトムが寝たきりになってしまった。
アレルギーが酷くなり、顔も唇もパンパン、手足、目の回りは脱毛、身体は熱くなり、ご飯とトイレ以外は横になったままだった。
入院するためのベッドの空きの連絡待ちをしてる間、毎週病院に通った。
その度に強めの注射をうってもらい、毎日、薬とサプリメントを欠かさず飲ませた。
そして、薬が効いたのか1ヶ月ほどで小康状態になった。
あれから…

私が退院して一番驚いたのは、見違えるほど元気になったアトムだった。
脱毛していた毛も生えてきてピョンピョン走り回れるほどになった。

入院する前はポジティブだった私も、ガン病棟に入院したこと、手術でとったモノの結果が出る不安で気持ちがとても沈んでいたけど、アトムの笑顔を見て元気になれた気がした。

また悲しいことも。
入院の日程の決定の連絡がきてドキドキしてたのも束の間、入院前日にカールが突然亡くなってしまった。
前日も、とても元気でうるさいほど喋ってたのに。


相方のジュディスは、カールー♪カールー♪はい、どうぞ!と、カールを今でも呼んでいる。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
カテゴリ
プロフィール

ミキユキさん

Author:ミキユキさん
Gymno Sigi Birdの代表責任者。
大阪在住。たくさんの動物達とお気楽に暮らしてます。
↑免許証の真面目な顔。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター