ナナクサインコの性別



随分前に紹介したナナクサインコの夫婦。
 
やっぱり、今春も卵を10個産んだのでメス同士だった
 
シナモンが雛の時、頭がデカいのでオスかもしれないということで購入したけど外れちゃったんだね。
 
日本にナナクサの文献は少なくて、私自身、読めないくせに全部英語の分厚い洋書を持っているんだけど写真を見るのみで、真剣に研究したことがなかった。
 

ところが隣の県に住む鳥友達がナナクサルビノーのオスを譲ってくれることになった。
 
鳥友はペアと思っていたのがオス二羽だったらしい。
皮肉にも私と同じような悩みを抱えていた。
 
 
画像をみていただいたら分かるでしょう、とても美しい
 
ルビノーだからと言うわけではなく、カラーのクッキリとしたラインが性別の違いを現しているんだと確信した!メスは少しボヤけてるのね。

 
発情期になると鳴き声の違いも分かるでしょう。
 
しかし、この距離感。
けっこうクールでいつもこんな感じ。もめることなく、打ち解けることもなく四羽で暮らしてます
 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
カテゴリ
プロフィール

ミキユキさん

Author:ミキユキさん
Gymno Sigi Birdの代表責任者。
大阪在住。たくさんの動物達とお気楽に暮らしてます。
↑免許証の真面目な顔。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター